Blog WordPress

【2020年版】最新比較!ドメイン取得のオススメサービスを6つ紹介!

悩む人

ブログを始めてみたいけど、ドメインの選び方が分からない。
ドメイン取得にオススメのサービスが知りたい。

このような悩みを解決します。

 本記事の内容
  • ドメインの選び方
  • ドメインサービスの料金比較と、オススメサービス6選紹介
  • ドメインを取得するときに、注意すべきポイント

「ブログ、アフェリエイトを始めてみたい」という方向けに、この記事を作成しました。

この記事を読み終えるころには、ドメイン選びに失敗することなく、ドメインが取得できると思います。

ドメインの選び方

物を選ぶ

最初に、ドメインの選び方について解説をします。

ドメインの選び方

  • 料金
  • 自分のサイトの用途に合ったドメインがあるか
  • Whois情報公開代行のサービスがあるか

ドメイン会社によって、料金も違いますし、自分の用途に合ったドメインがあるかどうかも分かりません。

また、Whois情報公開代行サービスがあるのか、個人でWebサイトを始める場合は確認しておく必要があります。

ドメインの選び方を、上から順に解説していきます。

1. 料金

ドメインを取得するときは、以下の3つの料金を確認しておきましょう。

  • ドメイン取得時
  • ドメイン更新時
  • ドメイン移管時(他のドメイン会社へ移す時)

ドメインによって、これらの料金は異なります。

お名前.com 取得時 更新時 移管時
.net 599円 1,480円 920円
.site 60円 3,980円 3,980円
.work 1円 990円 -

例えば上記の表だと、「.site」のドメイン取得時の料金は安いですが、更新時の料金が他と比べかなり高く設定されています。

更新時に損をするケースが多いので、料金は契約前にしっかりと確認しておくことが大切です。

2. 自分のサイトの用途に合ったドメインがあるか

トップレベルドメイン

ドメインを取得するときは、自分の用途に合ったドメイン(トップレベルドメイン)がそのサービスにあるか、チェックをしておきましょう。

トップレベルドメイン
後ろにくる「.com」「.jp」などのドメインのこと

このトップレベルドメインには、1つずつ決められた用途があります。

トップレベルドメイン 使用用途
.com 企業や商用
.jp 個人、企業など(日本限定)
.net インタネット関連企業など
.org 非営利団体
.co.jp 法人

このように、「.org」などはブログ、アフェリエイトに適しませんし、「.co.jp」はそもそも取得することができません。

ブログ、アフェリエイトに適しているドメイン

  • 「.com」
  • 「.jp」
  • 「.net」
  • 「info」

たまに、「.tokyo」などのマイナーなドメインもありますが、見知らぬドメインだと読者に不信感を与えてしまう可能性があるので、やめておくのが無難です。

このようなことを意識して、自分のWebサイトの用途に合わせてドメインを選ぶようにしましょう

3. Whois情報公開代行のサービスがあるか

ドメインを取得するためには、Whois情報を公開しなければいけません。

Whois情報とは、誰がドメインを所持しているか、誰でも確認できる情報のこと。

Whois情報には個人情報も含まれるので、住所が特定されるといった危険性があります。

しかし、「Whois情報公開代行」といったサービスに申し込めば、ドメイン会社が用意した別の情報をネット上に表示させることが可能です。

個人でWebサイトを運用する場合は、Whois情報公開代行があるドメイン会社を選ぶことをオススメします。

お名前.com」だと、Whois情報公開代行がドメイン取得と同時で無料です。

ばる

ドメイン取得にオススメのサービス6選を比較、紹介

比較

ドメインを取得にオススメサービスを6つ紹介します。

人気が高い「.com」「.jp」「.net」の料金比較表も作成したので、ぜひ参考にしてください。

  お名前.com ムームードメイン さくらのドメイン バリュードメイン Xdomain スタードメイン
.com 760円 1,160円 1,886円 1,300円 780円 880円
.jp 2,800円 2,049円 3,982円 2,840円 2,820円 2,360円
.net 599円 720円 1,886円 1,500円 1,180円 1,180円
Whois情報公開代行 あり あり あり あり あり あり
オススメ度 ★5 ★4 ★3 ★3 ★4 ★3

左から順に解説をしていきます。

・ お名前.com

お名前ドットコム

GMOインターネット株式会社が運営する、国内最大級のドメイン取得サービスです。

約550種類ものドメインから選択し、取得することが可能です。

「.net」の値段は599円と、他のサービスよりも比較的安いところも「お名前.com」の特徴です。

24時間365日の電話メールサポートが無料で受けられたり、セールも頻繁に行われているので、迷ったら「お名前.com」にすることをオススメします。

登録はこちら≫お名前.com

オススメポイント

  • 2200万件の登録実績があり、超大手
  • セールが頻繁に行われている
  • 550種類ものドメインがある

・ ムームードメイン

ムームードメイン

お名前.com」と比べるとすこし少ないですが、それでも400種類以上のドメインを扱っている、大人気のドメイン取得サービスです。

ムームードメイン」からドメインを取得すれば、面倒なセットアップ抜きでWordPress(Webサイト)を作成することができます。

また、レンタルサーバーの「ロリポップ!」との連携が簡単と評判なので、ロリポップと一緒に申し込むことをオススメします。

サポート体制も充実しているので、初心者の方でも安心のサービスです。

登録はこちら≫ムームードメイン

テキスト

  • WordPressを簡単に作成できる
  • ロリポップ!」との連携が簡単
  • サポート体制も充実

・ さくらのドメイン

さくらのドメイン

さくらのドメイン」は、さくらインターネットというレンタルサーバー会社が運営している、60万件の登録実績があるドメイン取得サービスです。

さくらサーバー」とさくらドメインをセットで購入することで、簡単に運用することができます。

料金は少し高めですが、まだレンタルサーバーを持っていない方にはオススメです。

登録はこちら≫さくらのドメイン

オススメポイント

  • 60万件もの登録実績
  • さくらサーバーとのセット運用が簡単
  • 電話、メールの安心サポート

・ バリュードメイン

バリュードメイン

この「バリュードメイン」は、ドメインのまとめ買いで割引が可能なので、複数のドメインが欲しい方にオススメのサービスです。

また、WordPress初期設定代行サービスもあるので、「ブログを始めたいけど不安」という方でも安心です。

WordPress初期設定代行サービスは、12,800円の有料サービスなので、注意が必要です。

ただし、ドメインが1つあれば足りるという方が、あえて選ぶ必要はないと思います。

登録はこちら≫バリュードメイン

オススメポイント

  • 複数のドメインをまとめ買いすると、割引される
  • WordPress初期設定代行サービス(有料)がある
  • セールもよくやっている

・ Xdomain(エックスドメイン)

Xdomain

Xdomain」は、レンタルサーバー界の大手、「Xserver」と同じ会社が販売しているサービスです。

このXdomainには、無料のサーバーもセットでついてくるので、Web制作の練習をすることも可能です。

また、Xdomainでドメインを取得すると、Xserverの初期費用が半額になるメリットもあります。

比較的料金も安いので、Xserverの利用を考えている方にオススメです。

登録はこちら≫Xdomain

オススメポイント

  • Xserverと同じ大手会社なので安心
  • 無料サーバーもセットでついてくる
  • ドメインを取得すると、Xserverの初期費用が半額になる

・ スタードメイン

スタードメイン

スタードメイン」は、国内最安値に挑戦しているドメインサービスです。

スタードメインでドメインを取得すると、広告なしのサーバーが無料でついてきます。

ただサーバーの容量は小さめなので、サイトの規模が拡大してくると、サーバーを乗り換える必要がでてきます。

「とにかく安く始めたい」という方には、オススメのドメイン取得サービスです。

登録はこちら≫スタードメイン

オススメポイント

  • 国内最安値に挑戦しているので、これから安くなる可能性がある
  • 広告なしの無料サーバーがついてくる
  • ネットオウルポイントが貯まる

ドメインを取得するときに注意すべきポイント

注意

ドメイン取得にオススメのサービスを紹介しましたが、ここではドメイン取得時の注意点について解説をします。

注意点

  1. ドメインの更新料を確認しておく
  2. ドメイン名は自分のサイトと関連した名前をつける

ドメイン取得には、上記のことを意識することが大切です。

上から順に解説をしていきます。

ポイント1 ドメインの更新料を確認しておく

まずは、ドメインの更新料を確認しておきましょう。

冒頭でも解説した通り、取得時の料金は安くても、更新料が高いケースがあります。

例えば、取得料が60円でも更新料は4000円という悪質なドメインもあるので、注意しましょう。

数年後も、ブログを運営していくことを考えると、更新料は安いものした方がお得です。

移管料よりも、更新料を見ておこう。

ポイント2 ドメイン名は自分のサイトと関連した名前をつける

たまに適当にドメイン名を決めてしまう人がいますが、自分のサイトと関連した名前をつけましょう。

自分のサイトと関連したドメイン名にすることで、URLからユーザーにサイトを覚えてもらうことができます。

  • Amazon→amazon.co.jp
  • 楽天→rakuten.co.jp
  • Apple→apple.com
  • また、ユーザーに覚えてもらうことができれば、自分のブログにファンをつけることも可能です。

    こういったことから、ドメイン名には自分のサイトと関連した名前をつけることをオススメします

    まとめ:お名前ドットコムがオススメ

    本記事のまとめです。

    • トップレベルドメインは自分の用途に合わせよう
    • ドメイン取得は、「お名前.com」がオススメ
    • ドメインごとの更新料は確認しておこう
    • ドメイン名はサイトと関連させよう

    ドメイン取得サービスを6つ紹介しましたが、特に理由のない方には「お名前.com」がオススメです。

    なによりドメイン取得サービスの中で最も有名ですし、2200万件もの登録実績があり、豊富です。

    初めてのドメイン取得はかなり不安だと思うので、大手のドメイン会社から取得しましょう。

    -Blog, WordPress
    -

    © 2021 ばるブログ Powered by AFFINGER5