Blog WordPress

ドメイン名の決め方を徹底解説【押さえておくべきポイント】

ドメイン名の決め方
悩む人

ブログを始めてみたいけどドメイン名の決め方が分からない。
ドメイン名を決めるときの注意点は?

このような悩みを解決します。

 本記事の内容
  • ドメイン名の場所の確認
  • ドメイン名を決めるときに意識するポイント
  • ドメイン名を決めるときの注意点

ドメイン名の決め方が分からない人向けにこの記事を作成しました。

この記事を読むことで、後悔することなくドメイン名を決めることができます。

ドメイン名ってどこの部分?

ドメイン名

まずドメイン名とは、上の図の通り「example.co.jp」の部分のことを指します。

このブログだと、「feltgames.net」がドメイン名です。


ドメイン名の「サードレベルドメイン」の部分を自由に決めることができるので、ドメイン名を決めるときに意識するポイントや注意点を解説していきます。

「トップレベルドメイン」を0から自由に決めることはできませんが、「.com」や「.jp」などを好きに選択することは可能です。

ばる

ドメイン名を決めるときに意識するポイント

ドメイン名を決める

ドメイン名について理解したところで、ドメイン名を決めるときに意識するポイントについて解説します。

ドメイン名について意識するポイントは以下の3つです。

  • 自分のサイトと関連させる
  • 分かりやすくする
  • なるべく短くする
  • 簡単なことばかりですが、どれも重要なものなので理解しておきましょう。

    上から順に解説をしていきます。

    ・ 自分のサイトと関連させる

    まず第一に、自分のサイトとドメイン名を関連させましょう。

    自分のサイトとドメイン名を関連させることで、ユーザーの記憶に残りやすくなります。

    • Apple 「apple.com」
    • Google 「google.com」
    • Amazon 「amazon.co.jp」

    たとえば上記の「apple.com」がURLに表示された場合、すぐに「Apple社」が思い浮かぶと思います。

    このようにユーザーの記憶に残りやすくなるので、自分のサイトとドメイン名を関連させることをオススメします。

    この方法は有名になればなるほど効果が増していくよ。

    ばる

    ・ 分かりやすくする

    ドメイン名は、ユーザーが分かりやすいものにしましょう。

    ユーザーが分かりやすいドメイン名にすることでサイトに対する不信感が減り、記事の信頼度アップにもつながります。

    • 良い例 「anime.com」
    • 悪い例 「animedaisukiburogu.com」(アニメ大好きブログ)

    上記のように分かりずらいドメイン名だと、「スパムサイト」感がどうしても出てしまいます。

    スパムサイトとは、主にスパム行為を行うためのサイトのこと。

    ユーザーがURLまで見るかは別として、ドメイン名を分かりやすくすること自体にデメリットはありません。

    少しでもリスクを減らしたい方は、ドメイン名決めの際に分かりやすくするよう意識しましょう。

    ・ なるべく短くする

    ドメイン名は、なるべく短くしましょう。

    ドメイン名を短くすることで、ユーザーが直接URLを打ちこむ際のミスが減ります。

    • 良い例 「suzukiblog.jp」
    • 悪い例 「suzukitakuyablog.jp」

    たとえば上記の「suzukitakuyablog.jp」だと、打ち間違えがかなりの頻度で発生すると思います。

    ユーザーは打ち間違えをすると基本萎えるので、せっかくのアクセス獲得のチャンスを逃してしまいます。

    これらの理由から、ドメイン名はなるべく短いものにすることをオススメします。

    短いドメイン名ほど、既に使われている可能性が高いです。他のサイトとのドメインの重複はできないので注意しましょう。

    ばる

    ドメイン名を決めるときの注意点

    ドメイン名を決めるときの注意点

    次は、ドメイン名を決めるときの注意点について解説します。

    ドメイン名を決めるときの注意点は、主に以下の2つです。

    ドメイン名を決めるときの注意点

    • 数字は入れない
    • 他人の商品、ブランド名などを使わない

    特に2つめの、「他人の商品、ブランド名などを使わない」は絶対守りましょう。

    上から順に解説をしていきます。

    ・ 数字は入れない

    まずは、ドメイン名に数字を入れることがないように注意しましょう。

    ドメイン名に数字が入っているものは、自動生成された「スパムサイト」が多い傾向にあります。

    「数字入りドメイン=スパムサイト」というわけではないが、スパム感は強いことは事実

    そもそも、ドメイン名に数字を入れているブロガーの方はほぼいません。

    「どうしても数字を入れたい!」という方は別ですが、特に理由もなく数字を入れることはサイトのイメージダウンにつながる可能性があるので気を付けましょう。

    ドメイン名に数字が入っていると打ちにくいよね。

    ばる

    ・ 他人の商品、ブランド名などを使わない

    ここは絶対に守るべきポイントですが、他人の商品、ブランド名などをドメイン名に使わないようにしましょう。

    • ユニクロ 「uniqlo.com」→「yuniqlo.com」
    • Apple 「apple.com」→「appru.com」

    Googleが規約で示している通り、企業などから法的処置を取られる可能性があります。

    実際に海外で、「Microsoft」に似たドメインを使っていた人が訴えられかけた事件がありました。

    多額の賠償金を支払うことになるので、他人の商品、ブランド名などをドメイン名に使うのはやめましょう。

    「Microsoft事件」は最終的に和解で終わったけど、本当にやめようね。

    ばる

    オススメのドメイン取得サービスは?

    お名前.com

    ドメイン名の決め方について理解できたところで、実際にドメインを取得する際にオススメのサービスを紹介します。

    他にもドメイン取得サービスはありますが、「お名前.com」というサイトからドメインを取得するのが一般的です。

    ドメイン取得サービスの中で最も有名なので、初めてで不安な方でも安心です。

    ドメイン取得についてもっと詳しく知りたい方は、こちらでドメイン取得サービスを徹底比較、解説しています≫【2020年版】最新比較!ドメイン取得のオススメサービスを6つ紹介!

    筆者も「お名前.com」でドメインを取得したよ。(月100円ほどで)

    ばる

    まとめ:ドメイン名の決め方を理解しておこう

    本記事のまとめです。

    • ドメイン名は読者が覚えやすいものにする
    • 数字は入れない
    • 他人の商品、ブランド名などを使わない

    ドメイン名の決め方を理解しておくことで、後から後悔することが少なくなります。

    どのサービスでもドメイン名の変更は不可能なので、この記事に書いてあるポイントを意識してドメイン名を決めていきましょう。

    そしてドメイン名が決まったらドメイン取得サービスでドメインを取得し、早速ブログ記事を書き始めましょう。

    -Blog, WordPress
    -

    © 2021 ばるブログ Powered by AFFINGER5