Blog Know-how

ブログのネタに困ったら!今すぐ使える5つの方法!【発見した】

ブログのネタに困ったら!今すぐ使える5つの方法!【発見した】
悩む人

ブログのネタが見つからずに困っています。ブログのネタを探す方法が知りたいです。ブログの書きだしが遅れてしまいます。

このような悩みを解決します。

 本記事の内容
  • ブログのネタに困ったら使える5つの方法
  • ブログのネタが見つかったらボリュームを確認する
  • ブログのネタは寝る前に考えておくべき話

この記事を読めば、ブログのネタ探しで困ることがなくなりますよ。

今回ご紹介する方法は、「常に考えろ」のような抽象的なものではなく、すべて具体的な実践方法となっています。

僕はこの方法を知ってから、ブログのネタ決めで困ることがなくなりました。

ばる

「ブログのネタが見つからない」という方は、ぜひ本記事を最後まで読んでみてください。

ブログのネタに困ったら使える5つの方法

ブログのネタに困ったら使える5つの方法

さっそく、ブログのネタに困ったら使える方法についてご紹介します。

ブログのネタに困ったら使える5つの方法

  1. キーワードツールを使う
  2. Q&Aサイトで悩みを見る
  3. Chromeの拡張機能を使う
  4. 他のサイトを参考にする
  5. ASPで売りたい商品を探す

ひとつずつ解説していきますね。

ネタ①:キーワードツールを使う

まず、ブログのネタに困ったら、キーワードツールを使いましょう。

キーワードツールを使えば、実際に検索されている文字の組み合わせが調べられるからですね。

僕もブログのネタに困ったときは、必ずキーワードツールを使うようにしています。ブログで書くべきネタが、簡単に抽出できますよ。

ブログのネタで困ったときに使えるキーワードツールとしては、「ラッコキーワード」がオススメです。

「ラッコキーワード」は無料のツールでして、「ラッコID」に登録すれば、何回でもキーワードが検索できるようになりますよ。

使い方としては、検索欄にキーワードを入力するだけです。僕のジャンルはブログに関係しているので、毎回「ブログ」と入力しています。

ブログのネタに困ったら、まず最初に試してみるべき方法なので、ぜひ「ラッコキーワード」の使い方を抑えておきましょう。

>> 「ラッコキーワード」

ツールを使えば、サジェストキーワードも抽出できますよ。

ばる

ネタ②:Q&Aサイトで悩みを見る

ブログのネタに困ったら、Q&Aサイトを利用するのもオススメです。「Yahoo!知恵袋」などのサイトのことですね。

Q&Aサイトはユーザーの悩みを直に見ることができまして、ニーズからネタが見つかります。

ちなみに、Q&Aサイトをブックマークしておく必要はなく、先ほどご紹介した「ラッコキーワード」で検索すればOKです。

>> 「ラッコキーワード」

「ラッコキーワード」でQ&Aを調べる方法としては、まずキーワードを入力します。ブログのネタに関する悩みが知りたかったら、[ブログ ネタ]と入力しましょう。

ラッコキーワード

関連キーワードが表示されたら、左の「Q&Aを見る」をクリックするとYahoo!知恵袋などから質問が表示されます。

ラッコキーワード


ユーザーのニーズからネタを生みだせれば、読者ファーストの記事の作成にもつながりますね。

ブログで書くキーワードに対して、ニーズがわからないときにもQ&Aサイトは有効です。

ばる

ネタ③:Chromeの拡張機能を使う

あまり知られていない方法ですが、ブログのネタに困ったらChrome拡張機能、「Extract People also search phrases in Google」が有効です。

このChrome拡張機能を使えば、サジェストキーワードの取得ができます。ちなみに、Google検索の下に表示されている「他の人はこちらを検索」が元に作れているツールです。

使い方としては、Chromeストアから「Extract People also search phrases in Google」をダウンロードして有効化するだけですね。

>> 「Extract People also search phrases in Google」

有効化すると、Google検索で表示されるようになります。下記です。

Extract People also search phrases in Google

たまに「お宝キーワード」が見つかったりするので、ネタ探しに取り入れていきましょう。

このChrome拡張機能は無料で使えます。制限もありません。

ばる

ネタ④:他のサイトを参考にする

ブログのネタは、他のサイトを参考にして探すことができます。参考といえば聞こえがいいですが、実際はただのパクリです。

しかし、他のサイトからキーワードを抜きだすのは、割と普通の行為だったりします。ほとんどの人が行っていますし、そこまで批判される行為ではありません。

他のサイトからキーワードを抜きだす方法として、まず稼いでいるブログを見つけましょう。SNSなどで調べれば、すぐに見つかりますよ。

稼いでいるブログが見つかったら、「Googleキーワードプランナー」にアクセスし、「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

>> 「Googleキーワードプランナー」

Googleキーワードプランナー

つぎに、「ウェブサイトから開始」をクリックして、下記に調べたいサイトのURLをコピペして貼りつけましょう。貼りつけたら「結果を表示」をクリックします。

Googleキーワードプランナー

下記のように、ライバルサイトのキーワードが表示されたら成功です。

Googleキーワードプランナー

この方法でライバルサイトが狙っているキーワードをパクり、ブログ記事の参考にしましょう。

ただ、内容のパクリはNGです。Googleからペナルティを受けてしまいますよ。

ばる

ネタ⑤:ASPで売りたい商品を探す

最後に、ブログのネタに困ったら、ASPで売りたい商品を検索しましょう。

ASPの商品を元にして記事を書くと、収益が生まれやすい商標記事が完成します。商品名で調べる人は、購買意欲が高いからですね。

ASPはネタ探しの用途だけでなく、ブログで収益を得るために必要となります。ブログに広告を貼っていない方は、収益発生の機会損失ですよ。

ブログに登録必須のASPについては、【2020年】アフェリエイトにオススメのASP7選!【登録必須】にて詳しくご紹介しています。

ASPは無料で登録ができるので、ぜひ有効活用していきましょうね。

ただ、商標記事だけでは稼げません。アクセスを集める、集客記事も必要になります。

ばる

ブログのネタが見つかったらボリュームを確認しよう

ブログのネタが見つかったらボリュームを確認しよう

ブログのネタが見つかったら、キーワードの検索ボリュームを確認しましょう。

なぜなら、上位表示が困難なビックキーワードを狙ったり、そもそも検索がされないキーワードで記事を書いてしまうのを防ぐためですね。

ブログで狙うボリュームの目安としては、下記です。

  • 検索ボリューム:0回
    ⇒ スルー
  • 検索ボリューム:10~100回
    ⇒ 狙い目
  • 検索ボリューム:100~500回
    ⇒ キーワードによる
  • 検索ボリューム:500~1,000回
    ⇒ ドメインパワー次第
  • 検索ボリューム:1,000~3,000回
    ⇒ キツイ
  • 検索ボリューム:3,000~10,000回
    ⇒ 無理

ブログ初心者の方は、まず検索ボリュームが10~100回のキーワードを狙って記事を書きましょう。ロングテールキーワードですね。

ブログで稼ぐためには、検索ボリュームの知識は必要です。しっかり理解しておきましょう。

検索ボリュームが大きいほど、上位表示が困難なキーワードですよ。

ばる

・ Ubersuggestを使う

実際にキーワードの検索ボリュームを調べる方法としては、「Ubersuggest」を使いましょう。

「Ubersuggest」は無料でも使えるツールでして、検索ボリュームを調べる用途に適しています。

「Ubersuggest」で検索ボリュームを調べる方法としては、まずGoogleアカウントにログインしましょう。ログインしないと使いものにならないからですね。

>> 「Ubersuggest」

Ubersuggest

Googleアカウントにログインしたら、右の「概要」をクリックし、検索欄にボリュームを調べたいキーワードを入力しましょう。

Ubersuggest

最後に、キーワードを入力して「検索」をクリックすれば完了です。これでキーワードの検索ボリュームが表示されましたね。

Ubersuggest

無料版なのでキーワード検索回数に制限はありますが、ブログで書くネタのボリュームチェックには十分使えます。

Ubersuggest」には有料版がありますが、無料版で問題ありません。

ばる

・ ライバルを確認する

キーワードの検索ボリュームが確認できたら、ライバルチェックも同時に行いましょう。

いくら検索ボリュームが小さいキーワードでも、ライバルが強ければ意味がないからですね。そもそも、ボリュームの確認は競合の強さを図るためのものです。

たとえば、[WordPress 始め方 ロリポップ]の検索ボリュームは10回ですが、上位表示されているサイトのほとんどが企業です。ドメインパワーが高いので、まず勝ち目はありません。

ライバルのドメインパワーを確認するツールとしては、Chrome拡張機能の「MozBar」がオススメです。

「MozBar」を利用するためには、Chromeに追加する必要があります。下記から公式サイトにアクセスしましょう。

>> 「MozBar」

「MozBar」にアクセスできたら、画面上部中央の「Download MozBar Free」をクリックします。

MozBar

下記の画面が表示されたら、左の「Chromeに追加」をクリックし、Chrome拡張機能の追加は完了です。

MozBar

つぎは右上の「M」をクリックし、「MozBar」の会員登録をしていきます。

MozBar

個人情報を入力して「MozBar」への会員登録が終了したら、サイトのドメインパワーが計測できるようになりますね。下記です。

MozBar

ちなみに、「MozBar」に表示されるドメインパワーの目安についてもご紹介します。

  • ドメインパワー:1~10
    ⇒ 弱い
  • ドメインパワー:10~20
    ⇒ 普通
  • ドメインパワー:20~30
    ⇒ 強い
  • ドメインパワー:40~
    ⇒ 企業

基本、ドメインパワーが40を超えているサイトが多いキーワードは避けましょう。1~10で固まっているキーワードが狙い目ですね。

キーワードのボリュームを確認し、ブログ運営を有利に進めていきましょう。

MozBar」は他のツールとは違い、Googleの検索画面で計測することができます。かなり楽ですよ。

ばる

ブログのネタは寝る前に考えよう

ブログのネタは寝る前に考えよう

個人的にオススメな方法ですが、ブログのネタは夜寝る前に考えましょう。

ブログのネタを寝る前に考えておくと、つぎの日からの作業がスムーズになります。ブログネタが決まらずに、焦ることもなくなりますね。

実際、僕も夜寝る前にブログのネタ決めなどを済ませるようにしてから、精神的な負担がなくなりました。

ブログのネタに困っていたとしても、寝る前にすべて決めておきましょうね。

ちなみに、ブログの執筆時間は朝がオススメです。朝の生産性は夜の6倍というデータが出ています。

ばる

まとめ:ブログのネタに困ったらツールを使おう

ブログのネタに困ったらツールを使おう

本記事のまとめです。

  • ブログのネタに困ったら、ツールを使う
  • ブログのネタを決めたら、ボリュームを確認する
  • ブログのネタは寝る前に考える

今回は、「ブログのネタに困ったときの対策」についてお話していきました。

ブログのネタに困ったときは、ネット上のツールを利用しましょう。他のサイトからキーワードを抜きだすのも有効ですね。

ブログを書いている人にとって、ネタ不足は避けられない課題ですが、諦めずに対策していきましょう。

ばる

ブログに関する情報は、Twitter(@Barublog)でも毎日発信しています。

-Blog, Know-how
-

© 2021 ばるブログ Powered by AFFINGER5