Blog SEO

ブログの見出しのつけ方と注意点を細かく解説!【絶対に知っておくべき3つのこと】

悩む人

見出しってそもそも何のこと?

そもそもブログなどで使われる見出しとは、本文中の内容を一目で分かるようにしたキャッチフレーズのようなものです

見出しはとても便利ですが、使い方を間違えると検索エンジン(Google)に評価がされないなどの事態が起こってしまいます。
Googleに評価がされないということは、検索順位も上がらないので、アクセス数や収益などに繋がりません。

この記事では、そんな見出しの正しい使い方や、ブログに見出しをつける手順などを詳しく解説しています。

ブロガーなら絶対に知っておくべき内容だよ。

ばる

ブログにおいて見出しは超重要!

ブログにおいて見出しはとても重要です。

見出しをつけるメリットは主に2つあります。

  • 文章が読みやすくなる
  • SEO対策になる

まず記事に見出しがつくことによって、本文で伝えたいことが分かりやすくなり、文章が読みやすくなります。
読みやすくなるということは、記事が読者に与えるストレスが減るということなので、ページの離脱率低下にも繋がります。

また見出しにキーワードを入れることによって、Googleが記事を認識しやすくなります。

これらのことから、見出しはブログにとってかなり重要なので、必ず正しい使い方を覚えましょう。

離脱率が高いと収益が出にくいよ。

ばる

ブログの正しい見出しの使い方

まずは、ブログの正しい見出しの使い方について解説します。

主に3つ、見出しを使う際に意識することをまとめてきました。

・ 小さいものから順番に使う(h1以外)

hのとなりの数字が小さい順に見出しをつけましょう。

よくあるのが、デザインの好みで見出しを決めてしまうパターンです。
見出しのデザインは、CSS(スタイルシート)を使って修正をすることができるので、デザインで見出しを決めるのはやめましょう。

ここで1つ注意点ですが、h1を見出しに使うのはやめた方が無難です。
h1はタイトルとして使われるタグなので、h1を見出しに使ってしまうと、タイトルが2つある記事になってしまいます。
これだとGoogleが識別できなくなってしまいます。

ここで見出しの正しい使い方の例と、間違っている使い方例を比較してみましょう。


左の図は順番が守られているのに対して、右の図は数字の順序がバラバラです。
これではGoogleが混乱してしまいます。

Googleに正しく認識させるためにも、順番は守りましょう。

h1=タイトルで覚えるといいよ。

ばる

・ 見出しにキーワードを入れる

見出しに狙っているキーワードを入れましょう。

キーワードを見出しに入れることで、Googleに「○○に関する記事を書いているよ!」とアピールをすることができます。

例えば「ブログ 見出し」で記事を作っているとしたら、h2タグに「ブログの見出しのつけ方」とつけましょう。
ただ、キーワードの入れすぎで不自然にならないように気をつけましょう。

これらの注意点に気をつけて、見出しにキーワードを盛りこんでいきましょう。

こちらの記事に、オススメのキーワード取得ツールがまとめてあります>>>【解決】実際にブログのアクセス数が伸びた!ブログのアクセス数を増やす方法。

不自然になるならキーワードを少し減らそう。
読者が第一優先だからね。

ばる

・ 見出しを文章の内容に合わせる

たまに見出しと文章の内容が合っていない記事を見かけます。

もし意図的に見出しと文章の内容をズラしているとしたら、今すぐやめましょう。

読者が文章の内容の理解に疲れ、ページから離脱してしまう可能性が大きいです。

見出しと文章の内容は、しっかりと合わせるようにしましょう。

正直これが守れていないブログは論外だと思う。

ばる

ブログの見出しをつける手順を解説

ブログの見出しのつけ方が分からないという方向けに、見出しをつける手順を解説します。
今回はブロックエディタ(Gutenberg Editor)で解説します。

まずは見出しをつけたい記事を開き、プラスのマークをクリックします。

プラスのマークをクリックしたら、ブロックを追加する項目が出てきたと思うので、下記の順にクリックしましょう。

「一般ブロック」→「見出し」

これで記事に見出しが追加されたと思います。

ちなみにh2などを他の見出しに変えたい場合は、右側の「ブロック」から変更をすることができます。

これで見出しのつけ方に関しては完了です。

使ってもh4ぐらいまでかな

ばる

まとめ

  • 見出しは数字が小さいものから順番に使う

  • 見出しにキーワードを入れる

  • 見出しの内容を文章に合わせる

いかがでしたか?

この記事を読んだことで、見出しに関する理解が深まったと思います。

見出しに関する知識のインプットをしただけで満足するのではなく、そこからブログにアウトプットしていきましょう。
そのアウトプットを重ねることで、知識が定着されていきます。

見出しをマスターして、自分のブログをより良いものにしていきましょう。

-Blog, SEO
-

© 2021 ばるブログ Powered by AFFINGER5