Blog Know-how

ブログの初投稿は何を書けばいいの?【意識するべきことも解説】

ブログの初投稿は何を書けばいいのか
悩む人

ブログを開設できたのはいいけど、初投稿で何を書けばいいのか分からない。他の人はどんな記事を書いているのかな…。

このような悩みを解決します。

 本記事の内容
  • ブログを書く前にやるべきこと
  • ブログの初投稿は好きなことを書くべき理由
  • 自分の初投稿の内容について

今回は、ブログの初投稿でなにを書くべきなのかを解説していきます。

ブログ初心者の方は、最初の記事でなにを書くか悩みがちだと思います。

この記事を読むことで、最初にどんなことを書けばいいのか、ブログを書く前にやるべきことが分かります

ブログを書く前にやるべきこと

ノートに文字を書く

はじめに、ブログを書く前にやるべきことを解説します。
これらは収益を増やすためには必須なので、理解しておきましょう。

ブログを書く前にやるべきことは、以下の2つです。

ブログを書く前にやるべきこと

  • ブログのコンセプトを決めておく
  • 読者の悩みを明確にする

もちろん、ブログにはまだまだ知っておくべきことがありますが、最初はこれだけで十分です。
むしろ、最初からこれができたらすごいと思います。(自分はできなかったので)

では、上から順に解説をしていきます。

・ ブログのコンセプトを決めておく

まずは記事を書く前に、ブログのコンセプトを決めておきましょう。ブログのコンセプトとは、「ブログの在り方」のこと。

ブログのコンセプトを決めておくことで、何をブログで発信するのかが明確にみえてきます。

このブログのコンセプトは、「なんのスキルもない人が、ブログだけで人生を変えるためのブログ」

このコンセプトを決めたのは20記事を過ぎたあたりなので、「もっとはやく決めておけばよかった」と後悔しています。

ブログのコンセプトは、できれば記事を書きはじめる前に決めておきましょう。

雑記ブログだとしても、コンセプトは必須。

ばる

・ 読者の悩みを明確にする

ブログを書く前に、読者の悩みを明確にしましょう。

そもそもブログとは、読者の悩みを解決するためにあります。

この記事は、「ブログの初投稿で何を書けばいいのか分からない」という悩みを解決するための記事。

日記などの完全な”趣味ブログ”には関係ありませんが、収益目的であれば必ず意識しておきましょう。

「記事は読者の悩みを解決するためのもの」と思っておけばOKです。

記事を読むことは手段でしかないと覚えておこう!

ばる

ブログの初投稿は好きなことを書こう

仲間と話す

ようやく書き方についてですが、初投稿は上記の2つを前提として好きなことを書きましょう。

というのも、基本的にブログの1記事目は誰にも読まれません。
Googleに上位表示されることもなく、ブログの底に沈んでいきます。

読者が筆者、ブログに興味がある場合は別。ファンや、ライバルとして見られているケースもあります。

実際に、自分の最初の記事もアクセス数は10PVぐらいです。

なので、深く考えすぎずに記事を書いてしまいましょう。

最初はまずブログに慣れることから!

ばる

自分のブログの初投稿は趣味全開

本屋に本がたくさん並んでいる

このブログの最初の記事は、キーワードをちょっと意識しただけのゴミ同然の記事です。

  • コンセプトなし
  • 自己満足
  • 検索ボリューム無視

当時は「最高の記事を書けたぜ!」と、友達に言いふらすぐらいには自慢気でした。

これが自分のブログの初投稿です。

まとめ:ブログは楽しく書こう!

本記事のまとめです。

  • ブログのコンセプトを決めておく
  • 読者の悩みを明確にする
  • ブログの初投稿は好きなことを書く

ブログの初投稿は好きなことを書いてもいいですが、読者の悩みは明確にしておきましょう。

あくまで、読者第一で記事を書きあげることが大切です。

この記事を読んだら、早速ブログ執筆に取りかかりましょう。

-Blog, Know-how
-

© 2021 ばるブログ Powered by AFFINGER5